巻き爪になりにくい爪の切り方

スポンサードリンク

巻き爪になりにくい爪の切り方

巻き爪を防ぐ為には、靴のサイズに気をつけたり、爪水虫にならないように清潔な状態をたもったりする必要がありますが、最も巻き爪と関係のある原因は爪の切り方にあります。

 

普段、爪を切る際に巻き爪にならないように気をつけている人は少ないでしょうが、爪の切り方次第では自ら巻き爪になりやすい足の状態にしてしまう可能性があるのです。

 

それでは、どのような爪の切り方が巻き爪を防ぐ事ができるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

まず、最もやってはいけない切り方は深爪です。

 

深爪をすると足を踏ん張ったり歩いたりした際に、爪の一部分に大きな力が掛かってしまい、指の肉に爪が食い込みやすい状態を作ってしまいます。

 

爪の長さは爪の先端の白い部分が必ず見えるようにしなければなりません。

 

人によっては白い部分がみえると気持ち悪いといって深爪してしまうケースもありますが、それは爪にとっても指にとっても悪影響です。

 

 

次に、注意したいのは爪を切る形です。

 

爪が持っている本来の役割を最大限に発揮させる事ができる形は、四角い切り方です。

 

勘違いしやすいのが、爪は指の丸みを帯びた形に添って、丸くカットしたほうが良いと思われがちですが、少し四角く切るように意識すると巻き爪になりにくい爪をキープすることができます。

 

しかし、四角といっても、角は丸くする必要があります。

 

その為、爪切りについているヤスリで、角を取るように滑らかにします。

 

 

深爪をしない、爪を四角くカットする、この二つを意識するだけで、巻き爪になりにくい状態を作る事ができます。

 

これは、既に巻き爪になってしまった人はもちろん、そうでない人にとっても、足の指にかかる力を最大限に引き出す事が出来るようになる為、運動やスポーツを行う人にとっても有効な方法です。

 

スポンサードリンク