巻き爪 膿 処置 治療 化膿

スポンサードリンク

巻き爪の化膿 処置 治療

 

巻き爪は治療や処置を怠っていると化膿してしまうことがあります。

 

巻き爪は爪が丸まるくなる事により、指の肉に爪が食い込み炎症をおこします。その状態は陥入爪と呼ばれます。

 

この状態になると歩いたり運動する事が痛みで困難な状態になりますが、病院へ行かず放っておくと、傷口が炎症を起こし化膿していきます。

 

消毒やコットンパッキングなどである程度は回避できますが、巻き爪になる根本を解決しなければなりませんので、早めに病院へ行く事が重要です。

 

スポンサードリンク

 

また、爪の切り方は陥入爪の主な原因ですので、爪を切るときは十分に注意してください。
何度か登場しているスクエアカットを意識して丁寧に爪を切ってあげてください。爪も大切な自分の体の一部です。

 

 

陥入爪により傷が出来たにも関わらず、その状態を無視しているのは衛生的にも非常に悪い状態です。痛みがひどくなり、完治も遅くなるでしょう。
血が出ていたり膿が出ていたら、しっかりと消毒して、バンドエイドなどして清潔に保ちましょう。

 

 

巻き爪は一見地味な症状ですので、学校や仕事が忙しい方だと、病院へ行くほどの事ではないと考えて放っておいてしまう方が多くいます。

 

また、部活動をしている学生なども、こんな小さな事で休めないと考えて、運動を続けてしまう場合があります。
巻き爪は歩行困難だけでなく、膝や腰にも影響を及ぼす可能性のある怖い状態ですので、とにかく膿が出るほどの症状が現れたら専門医に見てもらうようにしましょう。

 

スポンサードリンク