爪 はがれる 剥がれた 処置 対処法 何科

スポンサードリンク

爪がはがれた時の対処法 治療法

爪は通常簡単には剥がれたり割れたりしないものですが、強い衝撃や転んだ拍子に意外とあっさりはがれてしまう事があるものです。
一番多いのは夏場、ビーチサンダルなどで行動している際に転んでしまい、足の指の爪がはがれてしまうというパターンです。

 

また、何かの出っ張りなどに引っ掛けてしまい爪が剥がれてしまう事も多いようです。

 

いずれにしろ想像しただけで背筋がゾっとするような恐ろしい出来事ですが、実際に怪我をおってしまったらすぐに治療を行わなければなりません。

 

爪がベロリと剥がれ落ちてしまえば、気が動転してしまい冷静に対処する事が出来ないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

大抵の場合、爪が剥がれるのと同時に皮膚にも傷がつき、出血があります。

 

その為、第一に傷口を消毒する必要があります。

 

傷口からばい菌が入り、化膿してしまったり炎症を起こした場合は長期間にわたって歩行が困難な状態になりかねません。

 

消毒を行ったら、ガーゼなどで爪がはがれてむき出しになった指先を保護します。

 

爪が完全にはがれていない場合には、そのまま爪を元の位置に戻し。バンドエイドなどで軽く固定します。

 

その後早急に外科を受診して患部を見てもらい、しばらくは清潔に保つ必要があります。

 

最初の1週間〜2週間は痛みがありますが、その後は安静にしていれば強く痛む事は少なくなります。

 

しかし、だからといって長時間歩いたり、走ったり、物を強く握ったりしてはいけません。

 

爪は物を強くつかんだり、運動時に足を蹴りだす時に大きな役割を担っています。

 

その役割を担っている爪が無い状態ですから、出来る限り指先に力を入れる行動は避けなければなりません。

 

これから、新たな爪が一から再生していく為、偏った力や衝撃が加わると巻き爪の原因となったり、形が歪な爪が形成されてしまいます。

 

剥がれてしまった爪が完全に元に戻るには3ヶ月ほど時間が必要です。

 

右の写真は爪がはがれた後2週間ほど経過したあとの爪です。最初のうちは波打った形の爪が生えてきますが、徐々にその形も綺麗に元に戻っていきます。

 

その間は剥がれてしまった爪のある手や足の指の使い方には十分に注意しましょう。

 

スポンサードリンク

爪がはがれた時の処置 何科を受診?関連ページ

爪の役割と構造
爪が割れた時の処置 対処法
爪には色や形や表面の状態などで自分の体の健康状態を表すバロメーターの役割があります。黒い爪やでこぼこやへこみ、スジ線のある爪、また巻き爪の原因にもなる爪水虫など症状は様々です。原因・予防法・治療法を学んで、健康な爪と身体を取り戻しましょう。
爪が弱い人の共通点
爪が割れる原因
爪を噛む 心理
爪の内出血 対処法 治療法
大人が爪を噛む癖をやめる方法
足の小指 爪が割れる
親指の爪が割れた 内出血
包丁で爪を切ってしまった時の対処法
ボーリングで爪が割れる原因
爪に良い栄養って何?
爪に良い栄養ってなんだろう? 爪が割れやすくなったり二枚爪になってしまう場合は爪に必要な栄養が足りていないかもしれません。
爪が痛い グロームス腫瘍
爪半月で分かる健康状態
指の筋が切れた後に爪に凹みが出来る原因
消えない白い斑点 爪甲白斑の原因と対策