爪の内出血 対処法 治療法

スポンサードリンク

爪が内出血した時の対処法 治療法

 

車や家のドアに手を挟まれたり、家のタンスの角に足の指をぶつけたりして爪が内出血してしまったという経験は多くの人があることでしょう。

 

また、サッカーやバスケットボールなどで走っている最中に急ブレーキをかけ爪に負担が掛かったり、他の選手に足を踏まれて足の爪が内出血してしまう事もスポーツをしていれば頻繁におこる事です。

 

爪が内出血してしまうような衝撃を受けると、相当な痛みがあり大人でも泣きそうになってしまいますよね?

 

 

最初は薄紫色に変色しているだけのように見えますが、内出血した場合は徐々に色が濃くなり、最後には真っ黒に変色してしまい、見るからに痛々しい爪となってしまいます。

 

 

基本的には爪が内出血してしまっても、放置しても問題ないとされています。しばらくすれば痛みもなくなってきます

 

黒く変色した部分は、爪の成長と共に上に上がり、最後には新しい爪に生まれ変わります。

 

 

しかし、中にはズキズキとした痛みが消えず、生活に支障が出てしまうような場合も考えられます。

 

まずは何よりも病院で見てもらう事が安心ですので、皮膚科ではなく整形外科を受診しましょう。

 

ところが、病院へ行っても放置するように言われたり、以下のような原始的な方法をとられることが多い為、自分で治療を行うことも可能な場合があります。

 

もちろん症状によってはすぐにでも病院へ行ったほうが良い場合もありますので、その判断は自分で行わなければなりません。

 

不安な場合はお医者さんに見てもらう事を先決しましょう

 

スポンサードリンク

自分で出来る爪の内出血対処法

スポンサードリンク

 

 

自分で出来る方法とは、爪に穴を開けて、中の血腫を抜き出すというやり方です。

 

痛みの主な原因は、爪の下の血腫がたまっている為です。

 

穴を開ける道具はどこにでもあるようなゼムクリップです。ゼムクリップって?と思われるかもしれませんが右のような普通のクリップです。

 

 

@まず、アルコールなどの消毒液で爪とクリップを消毒します。

 

Aクリップの先端を延ばし、ライターなどで赤くなるまで熱します。

 

B黒く変色した爪の中央部分に軽く押し当てます。

 

C貫通する前にクリップが冷えてしまったら再び熱して再度押し付けます。

 

D最後に、血腫を綺麗にふき取り、もう一度患部を消毒します。

 

このように、爪に小さな穴をあけると中から溜まっていた血腫が出てきます。

 

注意しなければいけないのは、爪を既に貫通しているのに押し続けてしまう事です。

 

穴が開き中の血腫を取り出すことが出来ると、黒かった爪の色が元の色に近い色に変わっていきます。

 

後は爪が成長するのを待つのみです。

爪の内出血 対処法 治療法関連ページ

爪の役割と構造
爪がはがれた時の処置
爪が割れた時の処置 対処法
爪には色や形や表面の状態などで自分の体の健康状態を表すバロメーターの役割があります。黒い爪やでこぼこやへこみ、スジ線のある爪、また巻き爪の原因にもなる爪水虫など症状は様々です。原因・予防法・治療法を学んで、健康な爪と身体を取り戻しましょう。
爪が弱い人の共通点
爪が割れる原因
爪を噛む 心理
大人が爪を噛む癖をやめる方法
足の小指 爪が割れる
親指の爪が割れた 内出血
包丁で爪を切ってしまった時の対処法
ボーリングで爪が割れる原因
爪に良い栄養って何?
爪に良い栄養ってなんだろう? 爪が割れやすくなったり二枚爪になってしまう場合は爪に必要な栄養が足りていないかもしれません。
爪が痛い グロームス腫瘍
爪半月で分かる健康状態
指の筋が切れた後に爪に凹みが出来る原因
消えない白い斑点 爪甲白斑の原因と対策