陥入爪 爪白癬の手術 麻酔について

スポンサードリンク

陥入爪(かんにゅうそう)とは 爪白癬 (つめはくせん)手術 麻酔 局部麻酔 指す場所

陥入爪(かんにゅうそう)とは鋭い爪の角が柔らかい指の側面側に刺さって傷となり炎症を起こした状態を指します。

 

巻き爪と混同しがちですが、巻き爪は単に爪が真っ直ぐ成長せずに曲がった状態で伸びてしまった爪を指します。

 

その為、巻き爪の症状が悪化すると陥入爪になる確立が高まるといえます。

 

しかし体質によっては巻き爪の症状がそれほど見られない場合でも、爪の側面が指の肉に食い込み炎症を引き起こす場合もありますし、巻き爪が進行していても陥入爪にはならないケースもあります。

 

原因は深爪や靴のサイズが合っていないなど基本的には巻き爪と同じ理由ですが、まれに爪白癬 (つめはくせん)という症状で陥入爪となる事があります。

 

スポンサードリンク

 

爪白癬とは、手足の白癬(皮膚糸状菌によって生じる皮膚感染症の一つ)が進行し、爪の間に白癬菌が入り込み、爪自体が白癬菌に感染された状態を指します。

 

 

治療方法はテーピング、痛みの少ないフェノール法、また手術などいくつかあり、自宅で出来る市販の治療グッズも多く出回っています。

 

手術を行う場合は局部麻酔をする事も可能で、治療に伴う痛みを軽くすることができます。

 

 

 

手術で麻酔を行う際はやはり痛みは伴います。麻酔を指す場所は一般的には親指の先端か指の間に針を刺す事が多いです。

 

また、指ブロックと呼ばれる麻酔法が有名です。

 

しかし、痛みを伴う手術を医師に告げられたとしたら、その病院は巻き爪治療に関して遅れている可能性を疑って良いでしょう。

 

現在痛みを伴わない、もしくは極力少ない治療方法が開発されており、一般的な治療として知られ始めています。

 

スポンサードリンク

陥入爪 爪白癬の手術 麻酔について関連ページ

巻爪治療は医療保険が使える?
巻き爪の再発を防ぐ方法
巻き爪の原因と予防法