爪のツボを刺激する爪もみ健康法 

スポンサードリンク

爪もみ やりかた 方法 グッズ

爪もみのやりかたは至ってシンプルでいつでもどこでも出来るのが特徴であり、継続させやすい利点と言えます。

 

方法は反対側の手の親指と人さし指でツメの生えぎわの角をつまみます。その際中指を支えにすると上手く両角を同時に刺激する事が出来ます。

 

ただ爪の両側をつまめばいいと思われがちですが、ツボがあるのは「爪の生え際の角」ですので気をつけてください。

 

1本の指につき10秒ずつもんでください。念入りに刺激するときは、20秒ほどもみます。

 

ツボを刺激するときは、指の先端で多少痛いくらいにもんでください。あまり強すぎてもいけませんが、軽い刺激では効果薄れます。

 

目安としては1日に2〜3度両手の親指、人さし指、中指、小指の計8本をひととおり刺激しましょう。

 

また、最近の爪もみブームにより専用の爪もみグッズもいろいろと出てきています。

 

心地よく刺激できるので、愛用者も増えているようです。

 

スポンサードリンク

爪もみ やり方 方法 グッズ関連ページ

爪もみの注意事項 ツボの場所
爪もみ療法 効果