爪 異常性乾癬 爪乾癬 原因 治療薬 

スポンサードリンク

爪乾癬の原因と治療薬について

乾癬とは皮膚の表面が赤く変色し、皮脂の角質が厚くなってしまう皮膚疾患の一つです。

 

日本ではそれほど認知度が低い病気とされていますが、患者数は人口の0.1%とされ、決して珍しい病気というわけではありません。

 

乾癬にはいくつかの種類がありますが、その多くは尋常性乾癬と呼ばれるもので、眼球と唇以外の様々な体の部位に発症します。

 

その為、顔や手、腕、首など、人目につきやすい場所に出来る場合が多く、その見た目からストレスを抱えながら治療を続け無ければならず、患者の精神的な負担は大きなものとなります。

 

乾癬自体は生死に関わるような病気ではないものの、完治が難しい事や、何度も再発してしまう特徴があり、長い治療期間が必要になります。

 

原因は明らかにされていませんが、皮膚の再生サイクル(ターンオーバー)が通常よりも早くなってしまう事にあり、食生活、ストレスの有無等によっても左右されるとされています。

 

スポンサードリンク

 

そんな、乾癬という疾患は患者の約半数に爪への症状が見られるといわれています。

 

爪に表れる乾癬は爪乾癬と呼ばれ、爪の表面がでこぼこしたり、溝が出来たり、ガサガサな状態になります。

 

症状が悪化すると、爪自体が剥がれ落ちてしまったり、爪がほとんど無い状態にまで発展してしまいます。

 

爪乾癬に限らず乾癬の治療は外用薬、内服薬、紫外線照射、注射又は点滴の4つが主な方法となります。
中でも最も多く用いられる方法はステロイド外用薬やビタミンD3外用薬によるものですが、爪乾癬の場合、皮膚に見られる乾癬に比べ薬剤が浸透しにくく、治すのにも時間が掛かります。

 

なお、乾癬の治療薬として有効な市販薬はありません。

 

その為、症状が現われた場合には患部が広がらないよう迅速に医師の診断を受ける必要があります。

 

スポンサードリンク

爪乾癬 原因と効果のある治療薬とは関連ページ

赤い爪、赤黒い爪になる病気 多血症、肝硬変に要注意!
黒い爪
紫色の爪
爪の色を見ることで病気が分かる場合があります。紫色の爪はどんな病気の症状を教えてくれているのでしょうか?
黄色い爪
白い爪の原因と病気の種類
爪の白い点 斑点で運勢占いが出来る?
爪が緑色に変色している原因はカビ?