紫 爪 病気 チアノーゼ 心疾患 呼吸器疾患

スポンサードリンク

紫色の爪 爪の色で分かる病気の症状とは

健康な爪は自然なピンク色をしています。

 

爪は、唇と同じように、皮膚の中の血管の色が透けやすい為、何らかの体の異常がある場合には色が変色します。

 

その為、爪の色を見ると健康状態が浮き彫りになります。

 

たとえば紫色に変色している爪の場合以下のような症状や病気の可能性が考えられます。

 

紫色に変色した爪の病気とは

 

爪の下を流れる血液は、酵素が少なくなると紫色に変色します。その為、酵素の量が不足すると、爪だけでなく、顔色や唇の色も紫色に変色します。

 

また、体の末端である指先は心臓からも遠い為血液が滞りやすい事から、血流が原因で紫色に変化する事もあります。

 

このように、皮膚や爪の色が紫色に変色する症状をチアノーゼと呼びます。

 

 

スポンサードリンク

 

酵素は近年ダイエットへの効果が注目されておりますが、酵素が豊富にあると血流が良くなり、新陳代謝が高まり健康面では様々な良い面が考えられます。

 

反対に酵素が不足すると、太りやすくなるだけでなく、免疫力が落ちて病気になりやすくなったり、血液がドロドロになり心疾患や脳卒中など様々な怖い病気を引き起こします。

 

 

酵素不足におちいる原因は食べすぎ、栄養の偏り、また加熱調理された食事ばかりを取っている事で起こります。
その為、酵素を増やす為には、生野菜を多く食べるという事が重要です。

 

 

また、血流が悪くなる事で爪の色が紫に変化している場合は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や喘息を原因とする肺の疾病が考えられます。

 

さらに、心不全などの心臓の血液を体全体に送り出す機能の低下や、コレステロール値の高まりなどによって血管が詰まってしまったり、血管そのものが細くなる事で爪が紫に変色している可能性もあります。

 

 

このように、爪が紫色に変色している場合には、重大な疾病を患っている可能性がある為、早急に病院を受診する必要があります。

スポンサードリンク