爪が教える病気のサイン 色・形・症状で分かる健康チェック

スポンサードリンク

爪が教えてくれる様々な病気の前触れ

爪は色や形で自分の健康状態を教えてくれるバロメーターの役割がある事をご存知ですか?

 

爪は皮膚の延長とされており、たんぱく質を中心に形成されています。

 

爪の役割は一見分かりにくく、無くてもいいじゃないかと思われがちですが、私たちが普通にパソコンを打ったり、携帯電話を持ったり、歩いたり走ったりする事が出来るのは爪が大きな役割を果たしているからなのです。

 

爪は間違いなく私たちにとって大切な体の一部です。

 

現代の乱れた生活習慣の蔓延やストレス、何らかの内臓疾患等により、爪の色がくすんだり黒っぽくなったり、形がでこぼこしたりと様々な症状が見て取れます。

 

あなたの爪はどうでしょうか?

 

黒い爪 赤い爪 黄色い爪 白い爪 など爪の色によって健康状態や病気の前触れを知る事がでるのです。

 

また、割れやすい爪 凸凹(でこぼこ)の爪 縦線等によっても爪が訴える症状や病気は様々です。

 

スポンサードリンク

 

もしかしたら、知らぬ間に迫りくる病気を真っ先にあなたに教えようと既にサインを出してくれているかもしれません。

 

毎日見ているつもりでも、じっくりと観察してみなければ分からない場合もありますし、見る見るうちに爪の色が変わったり、波打つように線が入ったりする場合もあります。

 

その症状によって、発症する可能性のある病気も変わってきますので、何か異変を感じたらまずは自分で調べてみることが大切です。

 

また、自己判断だけで終わらせず、早めの医師の診断を受けることがさらに重要となります。

 

せっかくあなたの爪が危険なサインを出してくれているのに、それを見てみぬふりをしてすごしてしまい、なにかしらの疾患を発病してしまったら意味がありません。

 

爪のサインが発端で適切な判断と処置を行う事であなたの命を救うかも知れないということは知っておいて損は無いはずです。

 

今一度爪の重要性を確認し、自分の健康管理に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク